My Piano Life ♬


昨年、西村由紀江さんのオンラインレッスンが受講できる企画「SPACE SHOWER TV presents #with the music ~ 音楽への招待 ~」を当ページで紹介したところ、Op.2プレ・カーニバル仙台大会にご出演の大橋恭子さんがご応募、レッスンを受講されました。


課題曲の中から大橋さんが選んだのは、西村由紀江さんの「オルゴールを聴きながら」。昨年のステイホーム期間中、同曲のレッスン動画を西村さんが配信、心温まる素敵な動画だったため、オリジナルの歌詞をつける楽しみを皆さまに味わっていただけないかと当ページで歌詞を募集したところたくさんの方がご応募下さり、大橋さんもそのお一人。

「参加してみようかと歌詞を考えた日は、5月のとても天気が良い日で、まさに薫風さわやかでした。動画を繰り返し見て、西村さんが何度も私に語りかけてくれて、なんて爽やかな方なんだろうと思いました。プレ・カーニバル仙台大会で出会った他の出演者の方達、スタッフの方達、そして西村さんに会いたい。8月にはきっと会える。神楽坂駅から音楽の友ホールに歩く道は、きっと今日みたいな爽やかな天気だろうな、と思いながら考え、応募しました。」


その後、西村さんがその企画をご自身のラジオ番組で紹介して下さり、いくつか取りあげられた歌詞の中に大橋さんの作品も。「ブログで、西村さんがラジオでこのチャレンジ企画のお話をすると知って、聞いてみると、私の歌詞を紹介してくれました!」まるで西村さんが直接話しかけて下さっているようで、親しみを感じられたそうです。


その翌日、Op.2のカーニバルが中止になったことで新曲を探しに楽譜コーナーへ行くと「オルゴールを聴きながら」と出会い、ご縁に喜んで購入。更にちょうどその頃、応募して下さったカーニバル代替企画「カーニバル on Youtube」の動画講評が西村さんからも届き、オンラインレッスン企画を知り…と、レッスンの応募へと繋がっていきました。


「夢のような時間でした。30分があっという間でした」とレッスンを振り返る大橋さん。レッスンの最後はなんと、西村さんが大橋さんの歌詞を見ながら演奏して下さり、感動。「教えてもらったことをちゃんと練習して、また聴いてもらいたい!と思いました。もう一度大人のピアノカーニバルに出て西村さんと直接会う、新たな目標ができました。」


「オルゴールを聴きながら」と西村由紀江さんが特別な曲と存在になったという大橋さんが最後、「また大人のピアノカーニバルで(グランドピアノで)聴かせて下さいね」と西村さんに言葉をかけられ、心が揺れます。「Op.2 の全国大会出場が決まった時、一度きりのチャンスだと覚悟を決めたので、Op.3 以降は出ないつもりでした。素人がわざわざ東京に行ってまですることないという主人の意向と、実際私もそう思っていたからです。」

しかし西村さんの温かい一言で一転、Op.3 プレ・カーニバル動画部門の〆切に間に合うと知り、また挑戦してみようという前向きな気持ちに。

以前は夜中にこっそり消音で楽しまれていたも、大人のピアノカーニバル出演をきっかけにピアノへの姿勢に変化が生まれ、今では日中に音を出す時間がとれるよう努力されているとのこと、最後にメッセージを頂きました。


「人に聴いてもらうと考えると、自己満足で黙々と弾いていた時よりも工夫して練習するようになりました。この歳でも練習すれば上達すると気づいて、人生観まで変わった気がします。本当に大人のピアノカーニバルのおかげです。Op.3 プレ・カーニバル動画部門の開催もありがとうございます。今からでも参加できる。これもまた縁だと思いました。どうぞこれからも、よろしくお願いします!」


ご縁で続いてゆくピアノライフ、これからも応援します♬